ドストエフスキーを読んだと嘘をついた。

だから意見、お貸しします。

マッチ売りの少女を横切る時。

 

ビラ配りはなぜああも邪魔なのか。

 

両手が塞がっていても紙を押し付けてくる。手を目の前に出されすぎて駐車場のゲートみたいになる。配るために寄ってきたのをスルーしたら悲しそうな顔をする。例を挙げだしたらキリがない。

 

受け取らなかったこっちが悪いみたいな顔をしないでくれ。スルーされた悲しさは胸の内にしまっておいて欲しい。それがプロの仕事だろう。

 

受け取らないと可哀想だから。自分がスルーされて嫌だったから。というような理由で、配られたら貰ってあげるという現代では珍しい、優しく清らかな心を持った奇特な人をたびたび目にする。

配る側だって給料のためにやってんだから、そこに思いやりの心はいらないだろう。都市ガスとアルコールで汚れきった僕の心では邪推しかできない。本当はそこまで振り切れたらいいんだけどなと思ってる。

 

優しき人たちと比較したら自分が薄情に見えるのも、スルーしたことに罪悪感が芽生えるのも、元はと言えばビラ配りが道に立っているのが悪い。逆恨みもいいところだけれど、道を歩くだけなのに、気を配らないといけない余計なことを持ち込まれて切なくなる。ただ一瞬のすれ違いなのに生まれる関係性は負の方向。広告活動は全部インターネット上に早急に移って欲しい。

 

 募金だってそうだ。入れなかった奴らは薄情だみたいな空気感を作っている。募金したやつらもやつらで、お金を入れたから自分はワンランク上に上がったみたいな顔をしているが、本当に支援したくて入れてるのかそれ。道を歩くだけで、なんでこんなモヤモヤした気持ちにならなきゃいけないのだ。

支援したいという気持ち。募金を計画して実行するという愚直さ。たしかに素晴らしいことだけど、彼ら彼女らが広がるには道が狭い。駅前では障害物競走の様相だ。

 

他人を思いやる気持ちは確かに必要だと思う。ビルゲイツ氏やザッカーバーグ氏が行う支援活動には感服するし、PKOやNGOの人たちには頭が下がる。こういう気持ちは僕にだってあるし、利他主義なんかクソの役にもたたないとそう言いたいわけではない。

 

1人で乗っているエレベーターに人が乗ってきた時のような、音楽を聞きながら歩いていたら友達に声をかけられたときのような。あ、今1人の時間を楽しんでいたのに、という嫌なわけではないけれど、なんだか惜しい気持ちがビラ配りの人の前を通り過ぎる時に生まれる。無視しているのに結局気にかけてしまうならば、いっその事受け取ってしまえばいいのだろうか。

 

できればこっちに寄ってきて手渡そうとしないで欲しい。結局のところ受け取ればいいのか、自分に従ってスルーすればいいのか分からない。邪魔だなんだと騒いでも、利他主義を排除しきれない僕の道徳性では、どうしたらお互いが切なくならずに済むのか決めきれない。

ありませんか?どうすればあの時悲しさを生まずに済んだのか分からなくなってしまうこと。

 

ビラ配りが邪魔なのか、浮かび上がる善意か偽善の押し問答が邪魔なのか。

殺伐とした都心に慣れすぎて、知らない人との距離の測り方が分からなくなってしまったよ。

 

今日もビラ配りの前を通るたびに、どうするべきか分からなくて途方にくれる。

 

では、また。

 

ボトルガムの付箋にものたりなさ。

 

少し前に上陸したかと思えば、気がつけば食卓に並ぶまでに市民権を獲得したチーズフォンデュ。

今や食べ放題店のデザートには欠かせないチョコレートファウンテン。

サイズと釣り合ってない値段でおなじみのマカロン。

どれもみな美味しくて、1回で何個も食べてしまう。けれど、何度も食べてしまうほど美味しいのに、味に見合わないものたりなさがある。

 

お酒を飲みながら食べるチーズフォンデュは格別だし、プチシューをチョコに浸すと最高に美味いし、高級なマカロンはそこらへんで売ってるものよりか上品な甘さがクセになる。確かに食べ終わったあと満足はできる。でも何かが足りない。そんな感じがしてしまう。

 

味は申し分ないのに感じるこのものたりなさ。この感じはボトルガムの捨て紙と一緒だ。あの付箋みたいなやつ。

 

f:id:nekoshisei:20170627225237j:image

Google画像検索ーボトルガム 付箋

 

ガムに対しての個数が圧倒的に少ないだけではなく、あの付箋はガムに対して小さすぎる。

 

包むんじゃなくて貼り付けて。付箋だけにね。と言わんばかりのサイズ。あの付箋はガムを噛んでいると圧倒的にものたりない。もう一声欲しくなる。包みきれないからガムははみ出てくるし、ゴミ箱に投げ入れられる安心感もない。下手すると内側に張り付く恐れもある。

 

仕方ないから2~3枚使って包みきるようにしている。集合させてひとまとめにしないとガムを包めない。1つでは満足できないから強引に数を使って尺を稼いでいる。

 

このものたりなさはチーズフォンデュのそれと同じだ。小さい1個1個が集まって大きく見せているだけで、よくよく考えたら小さすぎる。個々の詰め合わせで満たせるほど僕らの空虚さは堅牢ではない。小さな隙間を必死になって詰めていくうちに、他の箇所に必ず綻びが生まれてしまう。

 

ガムは捨てられればいい訳だから、別に貼り付けてでも捨てられればそれでいい。最終的な役割は果たせている。

チーズフォンデュやマカロンも同じように最終的にはお腹に溜まる。求めている味もしっかり味わうことができる。

 

個々をまとめて使うことで、漠然とした満足を享受することはできる。けれど、その小さな1つ1つを消費していくうちに、消費して埋めた他の箇所には欠落が生じて、満たされていない自分が顔を覗かせる。

 

大きな食材の腹持ちがいいように、大きな物質から得られる満足は長持ちする。

小さなハンバーグを2つ食べるより、大きなものを1つ食べたほうが腹持ちはいいし、食べきった満足感は高い。これは物質に限らなくても言える。小出しに言われる「好き」よりも、普段言わない彼女が照れながら「好き」といったときのほうが破壊力がある。これに大きな感動を見出すのは数ではなく大きさ・質が満足度に関わっているからだ。

 

けれど「今すぐに手に入る個数が多いほうが満足できる」と僕らはたびたび錯覚してしまう。毎日言われなくたって1回の大きな好きがあれば満足できるのに、回数の多いほうを求めてしまう。

 

若干意味合いは違うけれど、朝三暮四のようなものだと思う。すぐに手に入れられるものが多いとそっちの方が得しているのではないかと考えてしまう。

この場合は結果的な満足度も違うんだけれど。

 

なんとか繋ぎ合わせたものはすぐほつれてしまう。チーズフォンデュはすぐにお腹が空くし、チョコレートファウンテンはデザート感がなくなってきて、他のケーキを求めるようになってしまう。マカロンは食べた気がしなくなるし、「好き」もより多くの回数を求めるようになってしまう。ボトルガムも安心できる包み具合になるまで何枚も付箋を使って包む。

 

数だけで稼いだ満足では、結局満足しきれない。贅沢このうえない。そのためなのか、数の多さに慣れた僕らをあざ笑うかのように個数で作った満足は端っこから崩れ去ってしまう。

 

1枚でもなんとかなるところを2枚3枚使ってガムを包むような行為では、満足を個数でカサ増しして対処しようとする行為では、結果的に満たされない。ならば、僕らは満たされる1つを探さないといけない。綻びがうまれないように、端っこから崩れ落ちないように、長く形を保っていられる1つを。数の多さに慣れてしまった僕らは今、綻びない1つに足ることを知るべきなのかもしれない。

 

では、また。

 

第2のセクシークイーンを探して。

 

右とか左とか保守とか赤旗とか。そういうのを一切度外視して言いたい。

 

アン・シネが美しい。

 

ネトウヨという言葉が独り立ちしてからというもの、お隣さんを褒めるのも火種になる可能性がある。しかしながらそれが恐るるに足りなくなる美しさ。セクシーさ。

一部じゃ整形だの豊胸だの言われているけど、僕がアン・シネと付き合ったり、結婚したりすることは絶対にない訳だから、あまり関係のない話だ。見ててキレイならそれでいい。

 

2人きりで会えない女性に入れ込む意味がわからない。と昔アイドル好きの友達と議論を交わしたことがあった。絶対に進展のない相手に時間を割いても、性食眠は満たされない。そうじゃない場合が最近あったけれども、あれはイレギュラーだからノーカンだ。

 

今でもこの主張は変わらないけれど、アン・シネのニュースにはすぐ飛びついてしまう。だいたいどこのメディアもプレー云々より衣装に重きを置いているから、似たような人が多いのだろう。

 

しかしだ、僕は2人きりで会うことのない相手に「心を」いきり立たせている。心を。

 

これは前述の主張と大きく異なっていると思いきやそうでもない。僕は一般人でアン・シネはゴルフ選手なのだ。アスリートという壁が、古来より歌われている、叶わない女性を求める女々しい男心を最初からなかったことにしてくれている。

 

確かに彼女はセクシーだ。だから僕も男性性を伴った熱視線になることはある。しかし僕が見ているのはスポーツ選手だ。会いに行けるアイドルではない。だから恋煩いに近い葛藤は生まれない。

 

他にもライバルがたくさんいて、中途半端に交流を持ててしまうから、アイドルやそれに準ずる可愛い子とは、男性と女性という関係がどうしても生じてしまう。単純に生き方や目標に惚れ込んで、夢を一緒に叶えるために応援するなんてことは絶対にない。相手が異性であって、グラビアなどで女性性を目の当たりにできる以上は、どうしても自分と相手との1対1を求める男の人心が浮かび上がってしまう。

 

そんな中アン・シネが週刊現代でグラビアデビューした。なんだか雲行きが怪しくなってきた。スポーツ選手だから惚れこめていた部分が徐々に崩れ始めた。

 

f:id:nekoshisei:20170626195637j:image

アン・シネがグラビアに挑戦!セクシーショットを野村誠一氏が激写 - ライブドアニュース

 

このままではまずい。2人きりで会いたくなってしまう。男女の関係ではなく、セクシーだから画像を見たいという自分からの一方的な関係には、彼女がスポーツ選手であることが絶対条件なのだ。

 

ゴルフウェアにセクシーを感じるのはOLさんのスーツや競泳選手の水着、JKが着る制服と同じだ。エロさを求めて作られたランジェリーとは違い、何もないところに勝手にセクシーを見出すからエロく見えるのだ。

 

ゴルフウェアを脱がれたら、求めているセクシーと供給されるセクシーが異なってしまう。そうなったらアン・シネをセクシー路線の女優さんと同じカテゴリーに置かざるをえない。2人きりで会えない女性を無駄に追いもとめることになってしまう。

 

まぁ週刊現代買うんですけど。

 

アン・シネが今後日本でスポーツ選手以外の活動をするなら、僕は他のスポーツ選手からセクシーを供給してもらおうと思う。画像越しにエロさを押し出されて、お預けをくらうなんて、そんなの耐えられない。

 

頼む。ゴルフウェアだけを着ててくれ。カメラマンが頑張って撮った際どい写真だけで盛り上がらせてくれ。頼む。

 

 

では、また。