ドストエフスキーを読んだと嘘をついた。

だから意見、お貸しします。

ドラマのような結末。

 

たとえしばらく会わない人がいても、

たとえしばらく会えない人がいても、

どっかで呼吸してんだろうなって感覚は常にある。 同じ空の下的なことではないんだけれど、人との繋がりってSNSのような画面越しのものだけでは決してない。

 

 

以前浅田真央さんの引退に関する記事を書いた時、日本人は少年マンガのようなストーリーを応援するのが好き。と書いた。

 

http://www.shitazesan.com/entry/2017/04/13/浅田真央を連載するなら少年誌。

 

これは国民性のようなもので、仮に応援する人がなんであろうと、2次元の世界であっても、直接の知り合いでなくても、日々更新されるブログの写真でしかその人のことをみられなくても、かなりの痛みを持って逆境に立ち向かおうとする人を、応援するのがやっぱり好きみたいだ。

 

バンプの「宝石になった日」という曲のように、〜の日という言葉は僕らの想像力を掻き立て力がある。

市川海老蔵の「人生で1番泣いた日」という言葉もそれの訪れを想像させるには充分すぎた。

 

海老蔵のブログや小林麻央さんのブログは業務上どうしても読まなきゃいけないときがあって、見たくもない心に刺さる衝撃的な写真や、ほっこりするエピソードを見て、それが期限付きの幸福であることに一抹の寂しさを感じていた。

 

うなぎが食べたいと頼まれ、海老蔵が久しぶりの食欲を喜び高級なうなぎを買っていったら、小林麻耶さんのリクエストだったエピソードや、

自宅療養に切り替わったとき、暗に意味するものからあえて視点をずらし子供の幸せを祈ったエピソードだったり、

全部読みきったわけではないけれど、そこには憂いを帯びた強さがあった。

 

分かりきった結末があるはずなのに、時には弱さを見せつつも希望を切り抜いて文字にする2人のブログには、漠然と「希望に向かって頑張ろぜ」というドリカムやいきものがかりのような薄っぺらさはなく、1日でも長く笑顔でいられるように応援したくなるなにかがあった。

 

それが儚さであったり、病気であることの補填だったらこんな悲しいことはないけれど。きっとそれは、ただ願いや祈りを持ち出すんじゃなくて、どこかで折り合いをつけていたからなんじゃないかなと思う。

諦めとは少し違うけど、避けられないことはどうしようもないというような。

 

会ったことない人だし、他人といえば他人なんだけど、もう彼女は呼吸をせず、意識すらないと思うと悲しさと同時に怖くなる。

物理的な死の側面は、概念的なものよりもはるかに怖い。

 

概念は自分が向き合うものだから自分の認識の中での話になる。けれど物理的な肉体としての死は、自分が向き合うものではなくて残された側が直面する事実だ。だから1人ではどんな対処もできない。どうしようもない。

僕はこれが怖い。死が地上にも残ってしまうことが怖い。

月曜の朝と1人で食べる昼食よりも。なによりも。

 

頑張ってという意識を集め、応援したくなるような緩急ついたエピソードがあって、最後は奇跡を起こすのではなく旅立ってしまう。

安いメロドラマなんかよりはるかにドラマ的で、御涙頂戴の24時間テレビより遥かに心にずっしり来る。

 

これが現実におかれた死なんだなと。

 

一部ではあっても日常を見ていたわけだから余計にこう思うのかもしれない。

 

けれど後味の悪さはないように思える。

人の心が無いと、残された人のことを考えられないのかと言われてもいい。

 

そりゃ、2人の子供ともっと一緒にいたかった。とか、容姿が変わっていく恐怖とか、なんで私だけ。とか考えていたんだろうなと思うと、不条理極まりない話だとは思う。

けれど、葬式で泣いてくれる人がいたらいいよねって話にはみんな概ね同意するじゃないか。

これはそういう話じゃないのか。

 

夫に人生で1番泣いてもらって、実家で旅立てた小林麻央さんの最期はある意味でよかったね。と言えるものだったんじゃないかと僕は思う。

 

2人のブログがそうであったように、悲嘆するのではなく希望を持てるものとして受け取るほうが、ブログを書き始めた本人の意向に添える気がする。

 

最初にこのブログを見た時に、死んだら美談にして、出版して、それで終わりなんでしょって思っていた。どうでもいいような話で御涙頂戴して終わりなんでしょって。

 

けど長いこと見ているうちに、人一人が生きていく力強さにビックリした。

24時間テレビ的な、どうせ金なんだろっていう偏見を抱いてしまったことを今では申し訳ないと思う。

 

今だけは、キリスト教的な世界のように、肉体と魂は別個のもので、魂は肉体活動の停止後に仮の器を脱ぎ天上に帰っていくという世界観が実在していたらいいなと思う。

充分に死ぬ恐怖と戦った彼女が、そこで安心できていたら少しは報われるんじゃないかと。そう思ってやまない。

 

では、また。

 

P.S.

よくよく考えたら歌舞伎の家系の人なんだから、存在するなら仏教的な世界観ですよね。

 

人口的なお化け屋敷の歩き方。

 

豊田真由子議員のヒステリーはそこらへんのおばちゃんのそれを遥かに凌駕してオスカー賞ものだし、駅のホームに立っていれば死体が飛んでくるし、バイクに乗ったらヘルメットを狩られる。

 

www.sankei.com

  • 豊田真由子氏が元秘書に暴行働いたと週刊新潮が報道
  • 暴言は録音されていて一部メディアではミュージカル調と紹介
  • 「この、ハゲーーーーーっ!」と左のこめかみ殴られる

 

www.news24.jp

  •  大阪のJR吹田駅で男性が電車に飛び込み別の男性に直撃
  • 飛び込んだ側は死亡。別の男性は打撲で軽傷。

 

f:id:nekoshisei:20170623000412j:plain

足立区「コルク狩り」事件の背景

  •  男性からヘルメットを盗んだ疑いで足立区の18歳を逮捕
  • 「足立区のルールではコルク被るとタダでは済まない」と因縁
  • 不良がコルク半(上記画像のヘルメット)を奪うのは「コルク狩り」と呼ばれる

 

 

知らないうちに日本は、どこにいても恐怖を植え付けられるお化け屋敷の仲間になったらしい。

 

ヒステリーはサイコ方面で、飛びこみ自殺のやつは物理的方面で、コルク狩りは実生活では経験できない、フィクションな方面でそれぞれ抜きん出ている。

1日で同時に3つも経験できるとわけだからお得といえばお得だ。

 

例の2つ目に挙げた、飛びこみ自殺をした男性の死体が自分めがけて飛んできた事件?なんだけど、もう一生外を歩けないくらいのトラウマを抱え込むことになってもおかしくない。

 

ここのお化け屋敷は手加減を知らないらしい。

 

電車のフロントガラスを大破させた損傷率の死体を目撃し、それが自分の足に当たり打撲。なんならそれが自分めがけて飛んできている光景を見てる説もあるわけで。

一生外を歩けないと言ったら言い過ぎかもしれないけれど、電車は利用できなくなる可能性は充分にある。

 

その場合は誰が補填や損害賠償を支払うのだろう。

ディズニーでいえばアトラクションが止まっちゃったから次回早く乗れるチケット渡す。みたいな特別対応ってあるのだろうか。

 

なんにせよぶつかられた男性は不憫でならない。

鳥のウンコが当たっても、運がついたと強引にゲンを担ぐ日本人だけれども、流石に死体との衝突では何にも換言できない。

 

 

コルク狩りはといえばコルク狩りも大概で、おそらく全国民に足立区はやっぱり怖いというぶれない見方を示してくれている。

調査が進むごとに発想力豊かなヤンキーの実情が暴かれ、本当にこのお化け屋敷は怖さに妥協がないと感心する。

 

足立区で繰り広げられる狩りでANZEN漫才のネタに箔がついたといえなくもないけれど、時代錯誤のヤンキーは画面越しだから面白いのであって、コンビニ前でばったり出くわそうもんなら目線を逸らして歩くこと必至だ。

 

ヤンキーはやっぱり怖い。お化けと同じくらい怖い。

このコルク狩りにも言えることだけど、言葉が通じないが故に何を考えているんだか分からない怖さがある。

部屋に蜂が入ってきた時と似ている。次どう動くんだか読めないあの恐怖。見つめあって素直におしゃべりできないから仕方ない。

 

警察がコルク狩りを行なったヤンキーの行動理由をていねいに説明してくれているから、どうにか理解できているけれど、急に「コルク被るの誰に許可取ってんだよ」って言われても普通はその言葉の核心すら掴めない。何いってんだこいつ。という煽りが画像が頭に浮かぶ。

 

 

恐怖に妥協を許さない日本国内の事件達。

例に挙げた3つ以外にも男性が火だるまになって病院に搬送された事件や、遊園地にあるバイキングから転落する事故、ブラックボックス展に行けば痴漢被害にあう事件も発生している。

 

生きてくだけでも大変なのに、日常の至るところに被害の芽が顔を覗かせているのだからたまったもんじゃない。

 

メディアは事件の経過を強く報道するけれど、僕らにとってはあまり知られないその後の処理なわけだから、自分の身を守れるのは自分だけという身も蓋ない言い切りで終わらせるんじゃなくて、自衛の手段に目を向けたい。

 

弁護士が事件に対しての法的責任や、その後の対処に必要な手続きを説明し公開するブログやサイト、また特定の専門家がその見地から事件に似たようなお悩み相談を行う記事が増えてきているのはこういった背景があるからなのかなと感じる。

 

ネットの情報は真偽不明で、信用するのに値しないという考え方はどんなにネットが発達しても変わらないと思うから、全部信じようとは思わない。

けれどなんかあったら頼れるものと人がいるんだな。ということを頭の片隅に置いておけたらいいなと思う。

 

 そんなお化け屋敷日本の歩き方。

 

では、また。

ばっくれろ、ばっくれろ。

 

 拝啓

 梅雨空が恨めしいこの頃となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。皆さまのリュックの紐は無事でしょうか。

 

 

今日は、梅雨が来てたんだな。と思い出すには十分すぎる横殴りの雨でした。

何度、風吹くなと苛立ちながら傘にしがみついたか分かりません。

 

みなさんは飛ばされませんでしたか?

傘は無事でしたか?

こけませんでした?

 

目の前を歩く女性の折りたたみ傘が綺麗にひっくり返って大破した時、ドリフの音楽が流れるくらいに、僕は大丈夫でした。

 

前日から大雨になることはわかっていたから、朝起きて絶望することはなかったけれど、それでも雨は人のテンションを根こそぎ奪っていくもので、家を出る前に体から根が生えればいいのにとずっと祈っていた。

こんだけ降ってるんだから大樹目指してみるみる成長できたはずなのに。千載一遇のチャンスを逃してしまった。

 

 

休めない会社員と大好きなOLとサウナのような熱気が飽和した電車内は、乗車率100%を越えて遅延が発生していた。

全く影響を受けることなく、遅刻せずに目的地にたどり着けそうなのに、地元の駅で遅延証をもらえた時の安心感と悪いことしてる感はたまらない。

深夜にポテチとコーラを食べてるみたいな。罪悪感は組み合わせの安心感に負け、カロリーとなって復讐者に変わる。最初から負けないでくれ。頼む。

 

 

雨音が好き。とプロフィールに記載したり、深夜のタイムラインを雨から受けたインスピレーションで埋め尽くす女性達は、こんな日であればウキウキしてるんだろうなと思ったけれど、見た限りでは電車内の女性達はみな偏頭痛や化粧の問題、ヒールの歩きづらさに苦心していた。みんな親の仇かってくらいに雨が嫌いそうだった。

 

 どこにいるんだ、素敵なメンヘラ女子。好きすぎてサンプリングにでも出かけたのかもしれない。

都市伝説といってもいいくらいに彼女らには出会う機会を逃している。座敷わらしのほうがもう少し遭遇できそうだ。

そろそろ、僕と一緒に気持ちを落ち着かせてくれる雨音を聞いてくれませんか。

 

 

経済も梅雨を思い出したようで、梅雨時こそ持ち物で元気にとか、傘は可愛く。とか、見た目で元気を出させる商売を再開していた。

 

別に買うわけではないけれど、確かに見た目に引っ張られて元気になれたらそれは最高だなと思い、濡れてもいいように一昨日着たTシャツと昨日履いたズボン、クロックスに傘という、人間の尊厳ギリギリのラインを攻めて東京に繰り出した。

ビショビショになっても気にしなくていいという気持ちは、足取りを少し軽くしてくれた。

 

濡れてもすぐに洗濯する予定のものだったから何も気にならないし、足が濡れてもすぐ乾く。気になるのは一昨日着たTシャツの臭いだけだったけれど、ホームレス中学生よろしく、濡れたら臭気はさほど元気にならないだろう。とタカをくくった。

実際、隣にJKが長いこと座ってくれていたから大丈夫だったと思う。

電車内や、どこかのベンチでJK、ひいては女性が隣に座ってくれた時の安心感は異常だ。他に席があるのにわざわざ自分の隣を選んでくれていると、車両内で1番いい人間として認められたような気さえする。

 

とにかく、最強の装備を手に入れられて、気分が良かった。

靴が濡れないように歩く道を選ぶヒールのお姉さんや、スニーカーの学生達を横目に、濡れを恐れずに一歩を踏み出せていた。

 

ただ、やっぱり人生は+と−の間で揺れ動いてるらしく、僕ではなく周辺に大規模な損害が出た。

 

f:id:nekoshisei:20170621225653j:image

 

お分かりいただけるだろうか。

 

リュックの背負う紐が今にも事切れそうになっている。

こんな被害を受けるなら、「見た目から元気に」なんて根拠のない通説に乗っからなければ良かった。

ファスナーの掴む部分はなくなるし、リュックの紐は両方ともこの状態。

 

このリュックはアルカラのグッズなんだけど、まさに『ヤバイヤバイヤバイ』って感じ。

復元できない後の祭り。リセットして、出来るのなら、ハナからなかったことにしたい。

 

 

f:id:nekoshisei:20170621231032j:image

ネコフェスグッズ | ネコフェス 2013

 

雨に寄せにいったが故の天罰か。

 

 

 梅雨の合間の青空に心浮き立つこの頃ですが、天候不順の時節柄、風邪など引かれませんようお気をつけください。

敬具

 

 

では、また。