ドストエフスキーを読んだと嘘をついた。

だから意見、お貸しします。

アセロラジュースのサブカル感。

 

「デルモンテはケチャップ界のサブカル」とクア・アイナに行くたびに力説してくる素敵な方がいる。何回聞いても理由よりこのパワーワードが繰り返されるから、なんでそう感じるのかはハッキリしないけど、言いたいことはかなり分かる。

 

デルモンテのケチャップは、擬人化したら間違いなくサブカルだ。しかも筋金入りの。黒髪ボブヘア伊達メガネにマウンティングしていく屈強なサブカル。こういう時に絵がうまかったらサラッと描いて大歓声を一身に受けられそうでいいなと思う。アイデアはあっても使えないんじゃ意味がない。

 

話は逸れるが僕の画力ははいだしょうこ並だ。何を描いても伝わった例がない。絵しりとりじゃ答え合わせの時の笑いに困らないタイプ。アメトーークの絵心ない芸人に出演してもおかしくないレベル。

そんな感じで絵は下手なんだけど、書くことに興味はある。だからよくいろんな人の絵を研究する。長年にわたる研究の結果、絵が上手い人はそうじて人の顔を覚えるのが得意だってことが分かった。特徴を捉えるのがうまいというか、顔のなかで目立つパーツを確実にとらえて記憶している。

話すと、あいつは歯がさ。とか鼻がね。とか急に出してくるからついていけなくなる。絵心ない人は心当たりがあると思うんだけど、僕ら側は顔を思い出そうとすると、顔を見た風景ごと思い出してしまって、はっきりと顔だけイメージできない。顔を覚えるのが苦手と言ってもいい。

上述したデルモンテを力説している人の顔を思い出そうとしても、顔だけ抜き取れない。ハンバーガーごと思い出してしまって顔にはもやがかかっているみたいだ。だから、絵がうまくなるには、まずこの記憶の仕方から直さないといけないのかもしれない。毎日1枚なにかを描いてくださいと言われるより遥かに厳しい。胎盤に置いてきた絵心を取り戻すのは用意ではないみたいだ。

 

話を戻そう。

ケチャップ界のサブカルがデルモンテであるように、フルーツジュース界のサブカルはアセロラジュースだと思う。王道を攻めてないのに一定数の需要があるあの感じ。軽音サークルに多く分布するインナーカラーが奇抜なタイプと同じ扱いができる。流行りの文化では需要がないけど、その裏で爆発的な人気を誇ってるみたいな。靴はマーレマーレとか履いてそう。

 

ビタミンの観点から見ると、レモンには勝てない。好まれる味で戦うとりんごジュースには勝てない。けれど、アセロラにはアセロラにしかない美味しさがある。こんな風に長年愛される秘訣は他でも代用できるといえばできるってのがポイントな気がする。

 

異彩を放ちながらもサブカルっぽい商品は、スーパーのようなメインの戦場に並んでも一定数の需要がある。ところが、人間に置き換えてみると、こういったサブカルジャンルに所属する人種は、需要と供給のマッチングが難しく、身の振り方を間違えると、日清が発売する「黒歴史」3商品みたいな扱いを受ける。すぐに販売中止だ。負け戦でしかない。並んでいるだけで手にとってもらえるアセロラやデルモンテが羨ましい。

 

生活しているだけで、人間も引く手数多にならないものか。クーのりんごジュースを飲みながら思う。

 

では、また。

今年も七夕がやってきた。

 

今年も七夕がやってきた。

 

彦星と織姫が出会うだけなのに、願い事を叶えてもらおうと画策する僕らは、加藤紗里に後ろ指をさせないくらい便乗商法に慣れ親しんでいる。人の恋路にとやかく言いたくなる性格は古来よりなんも変わっていないみたいだ。

 

忙しくなるにつれて日付の感覚が薄れていく。バレンタインやクリスマスほどのビッグイベントじゃないと気づかないで1日を終えてしまうことがある。桃の節句やプレミアムフライデーなんかがそうだ。10月10日の目の日とか11月11日のポッキーの日も当てはまったりする。後になってあ、今日がそうだったんだと気がつくことの多いこと多いこと。

 

知らないまま先に進めたらいいんだけど、後になって気がついたばっかりになんだか損した気分になる。気がついていたら楽しめたイベントがあったはずなのに、知らないがばっかりに逃してしまったような。

 

七夕もいずれはそんな感じになってしまうのだろうか。願い事をしている人はいまだに一定数いるとはいえ、笹の葉さらさらなんて光景を見かけることはほとんどなくなってしまっている。七夕と旧七夕みたいなのがあって、どっちに全力投球していいのかいまいちはっきりしないのも問題の1つな気がする。もとから叶わないと頭の片隅では分かっていても、どこかに望みを見出していたいのが願う側の心理じゃないですか。「書いたんだから叶うかもしれない」みたいな。「七夕じゃなくて旧七夕が本命です~」と彦星に嘲笑されると思うと気持ちもなかなか入らない。◯◯君がもう浮気しませんように。と夢の国の短冊コーナーに書いていた女性くらいにならないと、なかなか本気でお願いしにいけない。

 

ただ、織姫と彦星の立場からすればありがたい話なんだろうな。24時間しか一緒にいられないのに、庶民の願いを聞き入れなきゃいけないなんて忙しすぎる。もっとヤリたいことがたくさんあるはずだ。短冊を見るのは賢者モードになった合間にでもやっているんだろうか。

 

民間伝承は大変だよなと他人事ながらに思う。

桃の節句も七夕も、祝日だから扱いが違う感じがするけれど子どもの日も皆、何かとコラボしたりしてお金に変えないとすぐに廃れる一歩手前みたいな状況になっている。限定商品なり期間限定商品をつくってモノとして形に残さないと、お祝い事としての形を保てなくなっている。願いはお金の前で無力だ。こんなところにも結局強いのはお金説が浮上してくる。

 

愛よりも願いよりも祈りよりもお金。資本主義の限界が毎年七夕になると見えるような気がする。

 

では、また。

遊んだ気になって貯金。

 

世間じゃいつの世も空前絶後の貯金ブームだ。

 

f:id:nekoshisei:20170706234616j:image

 

年収に関わらず1000万貯める方法だとか、メタボ家計の直し方とか、毎月お金を貯められるようにする方法とか、家計簿の必要性とか、なんとか。「簡単に」貯金する方法ばかりを特集し、誰でもすぐに実践できるよう、よく考えたら当たり前の話を書いて、ご飯を食べている人たちがいる。

 

31歳子ども2人、貯金はゼロ。貯蓄体質に変わりたい [お金の悩みを解決!マネープランクリニック] All About

「1000万円貯蓄」がある人の貯める仕組み3パターン [貯蓄] All About

貯金が増えない人必見!お金が貯まる習慣5つ [預金・貯金] All About

 

所持金以上のお金は使わないし、使えない。こんなの駄菓子屋にたむろする小学生だって分かってる。けれど、大人になるにつれて、所持額以上のお金を運用できるようになってしまい、その場をなんとかしのぐことを覚えてしまう。

 

ヒアリを恐れるだけじゃなくて、キリギリスになってしまうことも恐れたほうがいい。奨学金が振り込まれるたびに給料日だなんだと騒いで、飲み屋街に繰り出したあいつ元気かな。あと、クレジットカードは魔法のカードでも錬金術師でもなんでもないと、僕は思うよ。

 

必要額以上使わないで、貯金を続けることは堅実だ。借金を続けていたら首が回らなくなって、心が荒んでいきそうで怖い。掟ポルシェの『男の!ヤバすぎバイト列伝』を読むたびに思う。

 

【日雇いの1日交通量調査バイト】掟ポルシェ『男の!ヤバすぎバイト列伝』第35回 - 耳マン

 

自分が掟ポルシェの立場だったら確実にどこかで破産してる。女子プロレスを観に行くために、限度額上限までお金を引き出すとか、正気の沙汰とは思えない。けれど、文章の面白さも相まって羨ましい豊かな生活を送っているように思える。いや、きっと豊かなのは間違い。財布ではなく心が。

 

使いたくなくても、交際が各方面にあり、仕方ない出資が続き、どうしようもなくなることは致し方ない。避けられない会と避けたくない会は日に日に増えていく。だから僕はAll Aboutさんよろしく、誰にでもできる「簡単な」貯金の仕方をここに示したい。

 

「遊んだ気になる貯金」

これは本当に簡単で誰にでもできる。僕は実践したことないけれど。世にはびこる理論上は、簡単に貯まっていくに違いない。

 

電車に乗っている人なら電車、車なら停車中の車窓から外を見る。寄ったことのない駅の歓楽街に自分を起き、そこで自分が享受するであろう週末の楽しみを想像する。それだけでこの方法は成り立つ。

 

f:id:nekoshisei:20170706234433j:image

 

1軒目はあの大衆酒場で。2軒目は安心のチェーン店で。3軒目はバーで。飲むであろう酒の量と、それに伴って頼むご飯の量を大体算出し、1杯あたりのざっくりした金額を掛けて、本来だったらいくら財布から旅立っていたのかを計算する。

 

お金のことばっかり考えていると気が重くなるから、酒を飲んだ気になって、アフターがあるなら気になるあの娘とアフターした気になって、お金を払ったつもりになるのが1番だ。妄想力ほど人間の武器になるものもそうない。お金に見合う楽しい気持ちがなければやっていけない。

 

あと大事なのはざっくりで計算すること。僕はこの方法をやったことはないけれど、貯金系の記事はざっくりが大切って書いているから、多分これもざっくりやったほうがいいに違いない。

 

それで、算出した金額はすぐに別の貯金用の口座に移し替える。それ用のカードは持ってていいのか、家に置いておくのか等疑問は残るが、多分すぐに行動しないと人間のやる気は消えていく一方だから、持っていたほうがいいでしょう。そんなことは貯金の記事のどこにも書いてないから多分大事な問題じゃないはず。大事なのはすぐに移すこと。

 

これを毎週なり毎月続けていけば、かなりの額が貯まるに違いない。コーヒー飲んだ気貯金のように、飲んだ気になるわけだから、実際に妄想を実現させられないのが歯がゆいところではあるけれど。

 

この方法を読んでいて、バカバカしいと思った人は多いと思います。僕も書いてて思います。結局どの貯金を促す記事もみんな同じなんです。当たり前のことをさも新しいことのように、それができたらってことをさも簡単なように提示して。もっともらしく理屈をつけてしまえば画期的な理論のように見えるだけで、どれも要点を切り出せば同じことしか言ってないんです。

 

ざっくり計算。すぐに口座を移す。毎月一定額をキープ。ある程度貯まったら投資。難しければ投資信託。資産運用が今後は大事。家計チェックはスマホの通信料を見直して格安SIMに。

 

それができたらみんな大金持ちだし、タンス預金のせいで経済の循環が。とかなってないですよ。机上の空論ばかり唱えられても、と思わずにいられない。ファイナンシャルプランナーとかプロが言うんだから実践できたらそりゃ効果はあるんだろうけどね。けど、今までできていなかった人が、急にお金を貯め始めるんだから、生活の仕方よりも、あったら使ってしまうという気持ちをなんとかするべきなんだと思いますよ僕は。使わなきゃお金なんて貯まる訳なんで。

 

そこで、「遊んだ気になって貯金」どうですか?

 

では、また。