ドストエフスキーを読んだと嘘をついた。

だから意見、お貸しします。

我孫子事件に飛んでくる不謹慎の矢をかわす。

 

我孫子での女児殺害遺棄事件の犯人が逮捕された。

 

別に僕はニュースにコメントをする際の口角を、国民にいちいち見られるような立場ではないけれど、痛ましい事件だと目を伏せて思う。

 

生まれた時から千葉県はお隣の県だから「あびこ」って何も気にせず読めるけど、世間的には珍しい地名らしく千葉の女児事件で検索している人もいるらしい。まぁ地名が分からなくても連日ニュースを騒がせるこの事件は人々の関心を引くような点が多い。

犯人は15歳以下にしか興味がなく、裏ビデオを集めていた。周囲の人間のコメントだから尾ひれがついている可能性もあるが、犯人の性癖が槍玉に挙げられている。

上記の内容もなかなかのパンチだが、それよりも遺体を国に返す為の募金を始めようと言い出した男が犯人だったことが1番パンチが効いている。

 

日常に潜む狂気。他人が裏でほくそ笑む姿は認識することなく生きていきたい。

 

痛ましい事件が起きるたびに、いつ死ぬか分からないから毎日を大切に生きようって、学びに変える人は多い。実際にそういったコメントは氾濫している。分かるよ。明日殺されるかもしれないなら後悔をしないようにしなきゃって決意したくなるのは分かる。

でもそういった学びを否定したいわけじゃないけど、人が亡くなったら説明を挟まずに、とにかく日々を大切に、と換言するのはずるいと思う。何か意見は持っていたいけど、特に何もないから言っとけばいいやという姿勢が見え隠れしてるように思えてならない。

ありふれた日常を大切にしようって決意は、失敗や後悔を意味づけた過去が産む産物だと思う。だから後悔は残さないように生きようと心がける。

今回の事件は、保護者会の会長をやり、児童の帰宅を見守り、募金を言い出すような男が犯人だったのだ。死が歩み寄ってきていることすら気付けなかったのではないだろうか。なのにここからいつ死ぬか云々って、そりゃいつ死ぬか分かんないでしょうよって思う。DNA等の物的証拠があがるまで誰もが犯人と疑わなかった男が犯人だったのだ。

 

そんなところにまで、隣人が抱く狂気にまで、気を配り後悔を残さないようにしてたらもっと生に執着すればよかったと思うに違いない。ある意味でその後悔しないようにというのは、生に対する諦めだから。死ぬから仕方なくという意識が先行してしまっている。それではただ怖がってるだけじゃないだろうか。

 

もちろん僕らは後悔しないように、幸福を享受できるように活動すべきだ。けれどそれは近寄ってくる人たちに殺されても仕方ないと納得することなのだろうか。毎日すれ違う人に、帰り道が同じ方向の人に、殺されても仕方ないと諦めることなのだろうか。怖がることと、後悔しないようにする術は全く別のものだ。

 

こういった事件は赤の他人との関係をより軽薄なものにしてしまう。席を譲ったら怒鳴られたという事件と一緒だ。

体調が悪い時に席を譲ってくれた人、落し物を走って後ろから届けてくれた人、モッシュ中に靴紐を結ぶ時間を作ってくれる人たち。そんな人たちの中の狂気まで疑い始め、もしこの人たちに殺されてもいいようになんて思うのは、善意に対して失礼だ。

 

事件の顛末から何かを学ぶのは大いに結構だけど、すぐ隣にある死を実感するだけのものにするのはいかがなものか。

何か生活に還元できる具体的な思索がないと考えていないとみなすのはよくないんじゃないか。

悲惨な事件だったね。嫌な気持ちになったよ。だけでも十分に意見だ。それが不謹慎だなんてことは絶対にない。

 

認められる努力とは。

 

ビジネス書を開けば、PDCA

ハウツー本でもPDCA

なんやかんやでPDCA

北のミサイルはPPPC?

 

目的を達成するためのサイクルで、実践している人も多いと思う。単語は知らなくても目標を立ててそれに向かって走って、途中で方向を修正して、また走り出すと聞けばやってるやってると声があがると思う。

最近かっこいい横文字になったけど、昔から目的に到達するための方法として言われてきたことだ。

  

走り出す方向や、走った先にあるものが明確な時は意外と人生なんとかなるなって思うことが多い。

努力できるっていうのは、ある意味で楽なことだと思う。報われる報われないは別にして。

 

目的を達成するために、必要なのが待機だったらどうだろう。動きたくても動けない。この状況の方がただひたむきに走ればいい時よりもしんどいと思う。

もっと練習したいのに休むことが練習になった時。まだみんなで飲んでたいのに次の日朝早くて帰らないといけない時。気になるあの子と連絡を取り合ってたいのに、押して引くの引くになった時。

結果的に見れば全体としていい方向に動くのかもしれないけど、何もしないという行為に不安になる自分が顔を出す。

何もしないことが努力だと言われてもいまいち納得できないのは、僕らが小さい時から知っている美談に洗脳されているからではないだろうか。

 

自伝や伝記、レビューで「ひたむきな姿に私も元気をもらいました」って書かれる小説は、起承転結とPDCAがくっついて話が進む。目的を見つけて、目標をクリアし、挫折して、成功を勝ち取る。

常に動き続けるタイプの努力以外目にすることはない作品から僕らが学ぶ努力は、やみくもではないけれど、常に動くタイプの頑張り方だ。この努力を僕らは小さい頃か努力として教わるから、頑張ることが美徳になる。

 

だから好きなことをやってほしい、やりたいことをやってほしい、は無責任な言葉だと思う

好きなことだけを、やりたいことだけをやっていいのなら美徳がある常に動く努力ができる。

PDCAのP,Cに入った時、目的達成のために動かないことが最良だと考えた時、僕らは好きでなくたって歩みを止めなければならないことがある。

 

今やりたくてもできないことは山ほどある。押して、押して、押して、だけじゃ進まないことがたくさんある。だから好きなことをやっていいならそれを押し続ける。押し続ける努力は自分を、努力してるという気持ちにさせてくれる。非常に心地いい感情を抱ける。最中に頑張っているという美談もできるだろう。

でもそれだけじゃいつまでたっても変わらない。目的を達成して、過去に意味づけをして、あの時を乗り越えられたのは、と結果論を噛みしめるためには努力しない努力も必要なのだ。

 

ところが水を飲まないで走り続けたほうが強くなると思われた旧時代の部活よろしく、今でも美談びなるのは走り続けた努力だけだ。休む努力はサボりとみなされてるのかってくらい話に上がらない。

 

じっと見をひそめる努力も見を結ぶ1つの大事な要素なのだから、美談になっていいと思う。むしろ然るべきだ。

常に頑張ることだけが美談ではない。そう思う。

 

だから、よく耐え忍んだ。

そういう認め方をしていきたいと思った。

浅田真央を連載するなら少年誌。

 

今更ではあるが、浅田真央が引退した。

 

引退会見の内容はどの番組でもネットニュースでも大きく話題となっていて、試合の結果にかかわらず依然として国内での人気度は高いようだった。

 

荒川静香安藤美姫鈴木明子、そして本田真凜と女子フィギュア選手は、国内での注目度が高い。華やかな女性達が素人にも分かる結果を出しているからなのか。だけど、同じように結果を出すのは女子レスリングや柔道も同じだ報道の大きさが違う。ウィンタースポーツで盛り上がるのがスケートだけだからなのか。確かに、噂の今井メロや女子スキーの高梨沙羅はここまで試合内容や私生活について報じられることはない。

 

もう分かったよ。置いてかれた。僕が知らない間に日本人はスケートが好きな国になっていたのだ。羽生結弦の凱旋に空港がパニックになるくらい日本人はスケートが好きになったのだ。冬といえばスケート。でも行くのはスノボ。いっときのラグビーブームのように短く終わってないから本物だと信じたい。

 

で、そんな高まり続けるスケート人気の中で、1番好きな女子選手ランキングを国民全員で開催したら1位を取るのは浅田真央だと思う。完全に主観だが、顔は本田真凜が1番可愛いと思う。でも圧倒的に人気なのは浅田真央。付き合うなら安藤美姫。でも人気なのは浅田真央

上に書いたのは主観だから置いとくけど、浅田真央がとてつもなく人気なのは、スケートに関心がなくたって感じているところではあると思う。台頭する若手が沢山いる中で、大会で結果を出してほしい、

五輪に出てほしい、復活してほしいと思われ続けた選手というのは他にいないんじゃないか。なぜこんなに人気なのか。

 

浅田真央は少年漫画の主人公のようだから。

これを理由として推し進めたい。

某雑誌を挙げるなら、友情、努力、勝利。

これらの要素は試合だけでなく僕らが分かる範囲内の生活にも散りばめられている。

 

日本選手団での仲良さげな様子や、姉妹での様子。ニュースは笑顔で年頃の女性というイメージを映し出す。日常回で分かるような一面を僕らはここで知る。選手に人柄という厚みが出ている。

 

大会が始まると、解説ニュースや解説番組では高得点を取るために行ったストイックな練習風景や、内容が映し出される。当たり前な話ではあるが、"努力してる頑張り屋な私"が映ることはなく、本物のスポーツ選手がそこにいる。そんな状況で試合を見るわけだから、一緒に手に汗を握らないわけがない。生み出されるのはまさに努力の勝利である。

 

ここまで書いといてなんだが、僕はスケートを見られない。見ないんじゃなくて見られない。

いつ転倒するかハラハラして応援できない。転倒した後の立て直そうとする落ち込んだ表情から試合の表現へ移り変わる過程、選手も人間なんだって部分を直視できない。自分が転倒した気持ちになる。だから、トーループとフリップ、アクセルの違いがわからない。試合の見所を理解できてない。だから得点の付け方もわからないし、どこが高得点だったから勝てたのかもさっぱりわからない。そんな僕、いや、僕らでも、ここの改善に取り組んだからここが凄いみたいに言われるとすごく見えてしまう。放送の仕方もあるだろうが、友情、努力、勝利を見せられるとその主人公を応援したくなるのは人間の心理であろう。戦いを応援してしまう。勝ってほしいと思ってしまう。まさに少年漫画の主人公。

 

こういうふうに切り抜かれていたからと書くと、作られた虚像じゃんと思うかもしれないがそんなことはない。

 

ライバルポジションのキムヨナとの年を超えた戦いは毎期注目を浴び、相手の国がというのも相まって負けて欲しくないと思った人は多いに違いない。

 

母の期待と比較対象の姉と確執。

そんな母の急死を乗り越え全日本制覇。

 

15歳にしてGPファイナルを制覇するもトリノ五輪には出られず。

 

スポーツ漫画でも全部は盛り込めないほどの要素がスケート人生に盛り込まれ、友情、努力、勝利を深く掘り下げている。

フィクションよりもフィクション。事実は小説よりも奇なり。

長いキャリアの中で、漫画で言うところの〜編がはっきりし、その都度応援したくなる姿勢を見せた、浅田真央は国民的アイドルよりもよっぽど国民的アイドルだった。これが注目度が高い理由じゃないだろうか。

 

だから、熱い友情、努力、勝利で国民の心を掴んだ浅田真央を連載するなら是非少年誌で。

 

では、また。