ドストエフスキーを読んだと嘘をついた。

だから意見、お貸しします。

トルコの改憲は数の暴力。

 

国内で騒がれている訳ではないが、トルコで改憲を巡る国民投票の結果が出た。

トルコのアナトリア通信によると、開票率99%の段階で賛成が51.37% 反対が48.63% となったらしい。

大統領に権限を集中し、独裁制を強化するという改憲がこの僅差で通った。

%を見る限りかなりの数がいる反対派の人たちは、やるせない思いと今後の動向を不安に思っていることだろう。

 

トルコに住んでいる訳でもないし、知ってるのはオイルレスリング?とアイスくらいな僕がどうこう言うのは、川谷絵音の活動再開に髪型が変だのなんだのと文句を言い続けてる彼らの文句くらい空回りするが、こんなん数の暴力だと思う。

 

独裁化が進むことにとりわけ文句はないけど、48%が反対しても国民投票という制度上、数値の多い方が絶対になるシステム。クイズの最終問題が得点3倍になるくらいのやるせなさ、今までのはなんだったの的なものを感じる。

ガキ使の携帯持たないで待ち合わせする企画で、3人も揃ってんだからこっちが正しいだろ!という意見が出ていたが、国民投票はまさにこれだなと思った。

 

おのおのに意見があるものの、答えとなるのが数値である以上、最大多数に所属していない限り意見は存在していないのと同じ扱いだ。

主権者の意見を反映するはずの民主主義は、イギリスのEU離脱、トランプ大統領の勝利など、ここ数年でその基盤が揺らいでいるようにみえる。

国民投票はやっぱり多数決だ。数で負けたら意見は存在してないに等しい。

 

9対1であろうと6対4であろうと、数が多いんだからみんなの意見はこっち!と舵をとることは、今後の進路を決めるにあたって英断ではあるんだろうけど、無視された意見を大量に生み出す結果になってしまう。

制度なんだから当たり前のことだし、それを分かっているから投票することができるんだけども、初めからなかったことになるなら勝った者の独裁とそう大差はない。まさに勝者が歴史を作るわけだ。

 

それでも、投票できるありがたみがあることは間違いない。先人達が勝ち取ってくれた参政権があるから今こうして好きなことを話せている。

けれど話したことが数値上無いものと扱われるのは、ひどく恐ろしいことだと思う。

 

システムとしては合理的である多数決は民主主義の制度として適切なのか。

すでに進路を決めたトルコ、イギリス、アメリカ。また、これから大統領選を控えた韓国、フランス。各国が歩む道から、僕らが何気なく享受する民主主義の基盤を見直したい。

 

では、また。

自分との議論を科学が推奨してくれた。

 

自分との議論は、学習方法としてかなり有用な効果を持つらしい。アメリカの大学が研究発表してた。

名前出さずにアメリカの大学と書くとなんかちょっぴり胡散臭く感じる。けど単純に名前忘れただけです。

 

自分との議論といっても内なる自分を降霊させ対話をするというスピリチュアル要素たっぷりのものではなく、学んでいる理論に対して湧き出てくる質問や意見に自分で答えを用意するというもの。つまり分からない側や否定派の見解を意識しながら柔軟に理論を打ち立てることが大事だよと言っている。噂の米の大学が。ちゃんとした話なんです。サイエンスに論文載ってるんです。

 

意識はしていないが、改めて言われると納得できる事は多い。

ブログを書いている時を筆頭に、なにか意見を発言しようとすると、否定派側によって炎上するんじゃないかと思う時がある。とにかく論破と真っ向否定が好きな人たちに、寄ってたかってボコボコにされるんじゃないかと。そういう疑念には、自分の中で作り上げているイメージに打ち勝てるように、理論を組み上げることが、そしてそれを考えることが大事らしい。

確かにそうするとここ説明不足だなとか、ここ話題が急展開だなと冷静に考えて書ける。少しでもいいものを書くために必要な考え方だなと感じることが多い。

 

けど、これは性格的な問題か、この学習方法の弱点か判別つかないけど、時々湧いて出た意見に対して、本気でムカつく時がある。

じゃあもういいよ。そんなん言うなら一緒分かんないだろうね!!分かる人だけ分かってくれれば良いよというなんとも自分本位な気持ちを抱いてしまう。

どう考えても前者が原因ですよね。今もこの話を聞いた人たちの意見を想像して答えを出しましたもん。

 

学習方法というだけあってこれは座学でも使える。

国語、数学、日本史、英語、化学等を勉強する時は湧き出る否定派と対立するのではなく、分からない人をイメージするといいらしい。そう言った人に教えるつもりで、ここが分からないだろうからこの部分に重点を置いて説明しよう。というように自分の中で整理しながら学問を噛み砕いていくと、簡単に習得できるらしい。

 

別に僕が見つけた理論ではないから、らしいとか確かにが多い記事になってしまったけど、「現役東大生が教える暗記方法」とか「偏差値を30から70まで上げたノートの取り方」みたいな、研究結果というよりも実体験に基づく理論を強引に体系化して打ち立てたものよりかは信用できる方法で、勉強に応用が効くものだなと思う。

 

昔から教えることが1番身につくと言われてきた。

上記のような語り継がれてきた言いぶん、つまり類は友を呼ぶとか石の上にも3年とか、根拠は未だ科学じゃ証明できてないけど、間違いなく誰もが法則と思ってしまうようなものは、言い伝えが途切れないだけあって、その通りだなと思わせるだけの力がある。

柔軟な意見になるように、先人達も議論をしてきたのだろうか。

なんにせよ100年後まで残すなんてことは求めないが、やらなきゃいけない勉強を効率よくこなすために、是非とも自分と対話を続けたい。

女子の深淵を覗く。

 

相談って実は相槌打って欲しいだけらしいぜ。

ご飯決める時のなんでもいいは嘘らしいぜ。

Twitterのアイコンがうまるちゃんのやつとオフ会は開かないほうがいいらしいぜ。

 

僕らは男女の機微や不文律にいつも振り回される。

高校のとき読み漁ったELOの知識なんて全く使えないし、自称モテライターの助言もあてにならない。

見てる世界が違う、視点が違う。相手の気持ちになって考えなよとはよく言うが、考えたところで視点は自分のなのだからあまり意味はない。

 

女子向けの記事を扱っていると、トレンドメイクや簡単なヘアアレンジ、男ウケする前髪、夜の営みうまくいかせる技、コーデ集、男女に対する男の本音などにいやってほど目を通す。そこで使われる言葉や注目する点が僕ら男子とは違っていて改めて視点の違いを実感する。

 

職業「ファッショントラベラー」

マンネリエッチ打破で「彼が大暴走」

彼をムックムクにするエッチ前の下ごしらえ

 

その普及率から、スマホで見ることをメインにしているネット媒体では、1文の長さに制限があるのかもしれない。さらに引用してるものがインパクトを優先したものなので、若干参考にならない感はあるが、視点の違いが現れていると思う。洋服旅行者なんて職業初めて聞いたし。

僕らは最中に、自分であ、今俺暴走してるって思うことはないが、筆者は取り組みの中で暴走してるように見えたに違いない。

下ごしらえが成功して興奮する彼の相棒が動く様はムックムクだったのだろう。

表現の仕方の違いは見えかたの違いを表すのではないか。

 

俯瞰を持たず、自分の視点で物事を常に見る僕らはどれだけ意識しようとも、凝り固まった主観が存在する。

ハウツーがこれだけ流通した今男女の問題に対し、鳥瞰することは不可能だ。相槌だけじゃなくて本当にアドバイスを求めている場合もあるだろうし、ご飯は一緒に食べられればなんでもいい場合。うまるちゃんアイコンでも可愛い子はいるかもしれない。

デートで失敗したくない、恥はかきたくないという思いが背景にあるのかもしれないが、絶対に正しい解答集はない。結構コラムはあてにならないなって思う。女子向けの男の本音特集みたいなのはツッコミどころ満載だし。

 

男女の機微は深すぎる。

きっと一生理解できないことばっかりだと思う。女子会のような記事に携わり続けたらきっと本番に臨めなくなる。意識する点が増えすぎてムックムクしなくなる。

異性の思考は読み解けない。だから深淵トラベラーくらいのつもりで向き合うのがいいのかもしれない。

 

では、また。