ドストエフスキーを読んだと嘘をついた。

だから意見、お貸しします。

全面禁止で丸く収まった試しがない。

 

飲食店での全面禁煙は賛成ですか?反対ですか?

 

インテージリサーチの20〜69歳の男女1万人に対する調査によると、全体の賛成は54.4% 半分の人が禁煙にしていいと思ってるらしい。

その傾向は高齢者・女性に高くもちろん非喫煙者のようだ。

最も反対してるのは50代。

 

調査結果から対抗する意見の違いが浮き彫りになっていて、全面禁煙にする必要性が争われていることがわかる。

 

「小さい店舗で分煙はできないから全面禁煙に賛成」

 

これは大きい店舗は全面じゃなくてもいいということなのだろうか?

政府は全面禁煙を実施しなくていい店に対し一定の規則を考えているようなのだが、喫煙ルームを作れるとか、排気できるシステムがなど、予算と店の規模がある程度確保できなければ実現難しいラインを提示している。

 

小さい店舗は全面禁煙、大きい店舗は受動喫煙が防止できるから禁煙。どちらにせよ世論は喫煙行為を駆逐したい方向のようだ。

このままだと共存の道は歩めそうにない。幸福追求権を持っているのは非喫煙者だ。

 

小さい店舗が分煙できないならという意見は、痴漢が発生したけど、犯人分からないから乗客全員を逮捕しますと決断することと同じようなもんではないかと僕は思う。

細かく分けられないなら全部対象にしますってそりゃ思い切りが良すぎるし細部を見る努力を放棄しているのではないか。

 

もちろんタバコがもたらす身体への影響はいいものではないし、吸わない人がそれに蝕まれるのはもちろん良くない。

けれど喫煙者が行かなくなったために経営が悪化した店が出てきたら責任は誰が取るのか。

あちらを立てればこちらが立たずだ。

 

なにごとも全部禁止にしてしまうのは、かえって他の問題を招きやすい。

安全面を追求したため公園内の禁止事項を増やしたら遊具が減って子供が遊ぶ場がなくなったと騒がれている。

 

もっと分かりやすい例で言えば、校則だろう。頭髪に関する禁止事項が多ければ抜け道を探したりギリギリのラインを攻めてみたり各自色々な対策を練る。

携帯の持ち込みが禁止されてたけどこっそり持って行ったなんて人もいると思う。

生きてきた中で、ありとあらゆる規則を守ってきた人の方が少ないんじゃないか。

規則の持つ強さが違うから、石を投げていいのは今まで守ってきた人だけとはできないが、全面的な禁止は路上やそれ以外の場所での喫煙に関してまた議論を呼ぶと考えられる。

 

また新たな火種になるから僕は全面禁煙には反対だ。

分煙が進むぶんには何の問題もないしむしろ推進してほしい。

嫌煙家がいるのは仕方ないし、そういった人たちといがみ合いたいわけでもない。

幼児の前や妊婦の前、路上で喫煙するのは良くないし、非難されても仕方ない。どう考えても特定の喫煙者が悪いから。

しかしこういった議論で持ち上がる喫煙者像が全ての喫煙者に当てはまるわけではない。一緒くたにされたくない喫煙者も大勢いる。

だから分煙されればいい意味で周りに気を使わなくなる。

 

臭いはごめん。リセッシュを持ち歩きます。

 

喫煙者の利便性を考慮したり、経営への影響を考慮し分煙程度でと考えている人は調査によると24.7%いるようだ。

非喫煙者は12.8%

割合で見たら少ないけど、ここの割合が増えることで決着の道が見えるのではないか。

 

 

以前から喫煙に関する議題は多くの議論を呼んできたが今回の全面禁煙はなぜここまで多くの人の関心を呼ぶのだろうか。

 

そもそも今回の受動喫煙防止法はオリンピックの開催地の健康増進と整備が背景にある。それが気付けば開催地以外でもと話が広がっているのだ。

またスポーツ。いつだって健康!爽やか!心身の成長!を求めてないのに笑顔で語ってきやがる。

オリンピックは経済的にも文化的にも多くの利点があるから成功を目指すのはぜひと思うが、開催のために汚れた問題は全面変更にしようとする姿勢を見ると、汚いからと燃やされた『ワンピース』のスラムの話を思い出す。

 

汚いものには蓋をしてという考えかたで、喫煙問題だけが矢面に立たされているように見える。

 

あまり騒がれてはいないが、成人誌の表紙や宿泊施設として案にあがるラブホテルの内装も変更したほうがいいとされている。

 

成人誌はカバーをかける試みが行われていて、これは終了後また元に戻せるが、ホテルの内装は変更したらそうはいかないだろう。ヌーハラと同じように文化からできたものを世界から注目されるからと変更しようとするのはいかがなものか。

 

確かに宿泊施設の問題は対応しなければ大量に来る観光客を捌ききれず、経済的な損失にもつながるだろう。

けど非日常感を失ったラブホテルって微妙じゃないですか。

すする音が不快っていわれたからそばもうどんもラーメンもフォークで巻いて食べましょうってするのと一緒じゃないですか。内装の変更って。

 

まぁ、喫煙はこうした文化とは違うから、雑誌の対応が一時的ですむようになっているのに、もう2度と飲食店でタバコを吸えなくなるようにするのはおかしい!とは言えない。ただ、オリンピックがあるからって早急に事を急ぐのは祭りの後で思わぬ喪失を生みかねないと思うのです。

 

喫煙者だから全面禁煙に反対しているだけだと思われたらそれまでだけど、とりあえず全面で話を進めるのはどうなのって話です。

 

なにごとも抜け道があったほうがうまくいくってことで。

 

 

では、また。