ドストエフスキーを読んだと嘘をついた。

だから意見、お貸しします。

おしぼりとおっさんと清潔感。

 

「おっさん」ぽいから嫌い。とされることの多い、おしぼりで顔を拭く行為。

おっさん風だから、と言われる理由を見るたびに、そんな毛嫌いするようなことかと毎回思ってしまう。

 

f:id:nekoshisei:20170630233454j:image

 

おしぼりで顔を拭くと間違いなくスッキリするし、サッパリする。これが顔を拭く理由で、これを求めておしぼりを使う。この記事の大前提にしたいのは、おしぼりを使うことに求めているのは、さっぱりするということ。これに尽きる。

 

拭く側を擁護する立場を取っているけれど、基本的に僕もわざわざ人前で顔を拭くことはない。人目があるというのと、飲食店はご飯を食べる場所であって、銭湯のようなリフレッシュを求めて行く所ではないから。というのが主な理由だ。

 

ただ基本的にとしたのは、例外があるからだ。この時期は特になんだけれど、日焼け止めを塗っていたり、整髪料が顔についたりで、1日が終わりに差し掛かると、汗と共に顔がベタベタになる。この場合は気持ち悪さで食事や会話に集中できなくなるから、恥を忍んで頬と鼻下、口元をこっそり拭く。できることならおでことかだって拭きたいけれど、世論は厳しく、風当たりの強さを知っているが故に身動きが容易に取れない。

 

逆風を知りながら、それでも我が道を進み始めたらおっさんと同じステージに立つことになるのか。それはそれで嫌だけれど、顔まわりの不潔感を感じたまま活動したくはない。だから拭きたいときは拭けるように、思い込みで行動を制限してくる世論を覆し、おしぼりで顔を拭く方が清潔感のある行動なんだと、声をあげたい。

 

おっさんみたいだから。という理由は顔を拭く以外にもいろんな所で理由に数えられ、共感をよんでいる。おっさんといえば清潔感がない。臭い。など、とにかく不潔なイメージが蔓延している。

 

f:id:nekoshisei:20170630233748p:image

イラストになるとなんでも可愛い。

 

確かに特有の臭いをまとい、「清潔感がない」というよりかは「小汚い」おっさんは一定数いるし、そんな人の行動が、テーブルを挟んだ向こう側程度の近距離で繰り広げられたら、不快感を感じる場合はあるだろう。

 

僕が電車に乗っている時。目の前に座ってるおっさんが口を開けて上を向いて寝ていると、菌が繁殖している口内からの呼気が僕の顔にかかっているんじゃないかと、いつも通りの余計な想像で不快になることがある。おっさんみたいで〜としているその理由。もしかしたらこんな風に、想像の中で被害を拡大させているだけの場合もある。

 

おしぼりの話題で言えば、こういったおっさんを含め、顔を拭くというのは、顔まわりの清潔感を求めての行動だ。決して自らを汚しにいってるわけではない。むしろ、体を清めているのだから綺麗だろう。他の利用者がいなければ、手を洗わずにトイレから出て行く方々のほうがよっぽど不潔だ。

 

顔の汚れを拭いたおしぼりを触らせるとか、共用の食材に触れさせた。とかなら不潔感に抗議するのは至極正当なことだ。けれど、たださっぱりするだけの行為のどこを不潔と責められようか。

 

飲食店でなければ、匂いを気にしなくていい場所ならば、制汗剤や制汗シートで手っ取り早くスッキリすることができる。けれど、おしぼりが渡される場所の大半が飲食店である以上、周囲への臭いを気にする必要は不可欠だ。むしろ、気にかけていることで「おっさん」という悪評が少し減ってもいいくらいだ。

 

高校生のキラキラを前面に押し出したシーブリーズやギャツビーのスースー紙を使えたらいいんだけどなぁと思いながら、顔の拭く成人男性は可愛くないですか?おっさんを筆頭にゆるキャラみたいな可愛さがあると僕は思います。

 

ここまで、清潔・不潔を問題にしておしぼりで顔を拭くことはむしろ清潔なんだと主張してきたが、清潔かどうかではなく、行為を目の当たりにしたくないという意見もある。

 

ここが電車内での化粧や飲食で議論を交わせる素敵な国である以上、おしぼりで顔を拭くという行為にも、おっさんみたいな小汚い行為を見たくないという意見だけれど、前述したように僕は、拭く行為が可愛いとすら思います。女の子とかがやると特に。

 

電車での化粧が問題視されるのは、そこが公共の場だからだ。一般の利用者が他にもいる中で、やるべきことではないというのが大方の意見で、これは確かにその通りだと思う。人前で排泄しないのと似たような感じだ。

 

けれど、おしぼりの場合は状況が違う。見たくないというほうがわがままだ。というのも、飲食店は公共の場とはいえ、卓毎に独立していると考えられるし、食事に行く時点で、他人同士の距離感ではないからだ。勝手に向うが見せてきたとするには勝手が違う。

 

もちろん、誰かが不快になるならば気遣いはするべきだ。その場合は許可を取ればいいのだろうか。今から顔を拭くけどいいかい?と許可をとったら解決するのだろうか。

 

おしぼりはそもそも拭くためのものだ。大人のお店でも活用されている。プロが使っているのだから、拭くために特化した製品といっても過言ではない。手を拭く、顔を拭く、処理で使って綺麗にする、口元を拭う。全ておしぼりの可能性を引き出しているにすぎない。だから許可を得る必要もないんじゃないかと思えてしまう。

 

顔を拭くことに嫌悪感を抱く人たちは、考えすぎなんじゃないか。もしくは、拭くことが嫌いなんじゃなくて、もともと嫌いな人がたまたま拭いていたんじゃないか。

 

楽しい時を共有するために利用する飲食店なんだから、風当たりを強くするんじゃなくて、寛容したほうが会話が楽しくなるのは明らかだ。風呂上がりの人間はご機嫌なように、簡易的とはいえおしぼりはサッパリを人にもたらしてくれる。

 

明日からいよいよ夏本番。ワンチャン狙う学生も、愛を育むカップルも、不倫に溺れる中年も。みんな汗かいてデートして、サッパリしてお酒を飲んで、スッキリして朝を迎えられるように、おしぼりの可能性を早々に潰すべきではない。

 

どんなところも拭いてなんぼ。

 

 

では、また。