ドストエフスキーを読んだと嘘をついた。

だから意見、お貸しします。

ウンチクを語っても嫌わないで。

 

ちょっと前まで、テレビ番組が19時56分から放送!とか、やけに半端な時間から始まることを、前面に押し出してた時期があったじゃないですか。

あれ、他の局の番組が20時丁度から始まる中、抜け駆けすることで視聴率を上げようとする作戦だったらしいんですよ。当初は。今ではもう、どこの局も前のめりの時間から放送するから逆に56分スタートが当たり前になって効果はないみたいなんだけれど。

 

大したことではなくても、知ると思わずなるほどと言いたくなる。世の中、何事も理にかなってるんだなと改めて実感せざるを得ない。

 

色んな雑学・ウンチク・ライフハックネタを知ると毎回気になるのがあれ。「バナナはおやつに入りますか」の元ネタ。あれはなんでこの世に生を受けたのか未だにこれ!という説に出会えていない。

 

f:id:nekoshisei:20170705224316p:image

サジェストで圧巻の1番を獲得している。

 

他にも、口広げて「学級文庫」って言ってみ。とか「ねーちゃんと風呂入ってる?」とか、ジャンケンの全部の手を賄ったあの手とか。あと何分何秒地球が何回回った時?とか。手二回叩いてバリアとかかめはめ波みたいなのやるやつとか。定規ペンで弾くやつとか。

ネットなんて今ほど発達してないから、バズって拡散なんて概念がない。小学生ながらに狭いと感じていたコミュニティ内のネタなのに、差異はあれどこれらは全国で定番のネタになっている。小・中学生になると誰かが言い出すように遺伝子に刻み込まれているのか。

 

『森のクマさん』もそうだ。替え歌の歌詞に違いはあるけれど、なんで全国の小学生はみんな『森のクマさん』にこだわって歌詞を変えるのか。他にも童謡なんて山ほどあるのに。

隣町の誰々が。みたいなのもなく、本当に学区内だけで成り立つ生活の中、ある意味鎖国しているのとなんら変わらない生活の中、異文化はどこから生まれたのか。もしくはどこから入ってきたのか。謎でしかない。

 

全世界でみても、似たような童話や神話、話しのプロットは各地に点在している。発想が細胞からくるものだとしたらちょっと怖い。名案があらかじめ定められているなら、生まれながらに財を成せる人間が決まっているし、いくら頭をひねっても思いつかないってことは絶対に閃かないことを証明してしまう。

 

 みんな知っているのに根幹が分からない。「バナナはおやつ」は詳細不明で神話みたいになっている。

 

ここからの話はバナナの元ネタに対する想像でしかないんだけど、今ほどお菓子が市場になかった時代、おやつで食べられていたバナナの区分が、フルーツなのかお菓子なのかを確認したところが始まりなのかなと思う。お菓子は高価だけど、毎日のおやつバナナなら持っていけるみたいな背景が多分あって。

 

いるじゃないですか。クラスに1人はなんでも質問するやつ。そんくらい分かるだろってことでも質問する準備に余念がない方々。銀行の窓口がいつでも混んでるのを見ると、小学生も老人もなにも変わらないんだなって思う。

 

このなんでも質問魔も全国共通の人種として扱えますよね。宿題やってきてない人の方が多い中、運良く先生も忘れてたのに、わざわざ宿題集めないんですか?とかぬかす奴。男女関係が微妙な年頃のクラスであっても、その瞬間だけはいや、なんで!とシンクロできているに違いない。

この話題あげると、どこ出身でもいたいた!ってなるからやっぱり共通なんだなと。

 

 解き明かされていない謎はインカ帝国以外にも雑学として身近にいっぱいある。死ぬまでになんとか元ネタを見てやりたい。HUNTER×HUNTERの完結を待つのと、エヴァの新劇を待つのよりかは簡単なはずだ。

 

では、また。