ドストエフスキーを読んだと嘘をついた。

だから意見、お貸しします。

いつだって背中からバッサリ。

 

僕がまだ高校生だった頃。

ラウド系のPVは白黒でギターとベースはシールドを波打たせるのが定番だった。

 

 頭一つ抜けるバンドはなく、深夜番組のEDに使われた曲が知れ渡って行く。そんな流れを壊したのはワンオクだったと思う。

 

 ナオトインティライミと清木場がクラスのヒットチャートをかっさらってく中、俺たちが!とデカイ音をかき鳴らすワンオクは、自転車通学を支える僕のiPodのスタメンになるのにそう時間はかからなかった。

 

バイトなんてハイカラなもん全くしてなかったけれど、なんとか近場のライブには多く参加し、痴漢やナンパが問題視される前の、ワンオク好きなやつに悪いやつはいないという空気感、熱気とワクワクであったまったスタンドで飛び跳ねていた。

 

思えば新譜を待ちわび、歌詞カードを食い入るようにみたバンドはワンオクとPeople in the BOXとバズマザーズくらいかもしれない。

そんくらいにどハマりした。

 

 

f:id:nekoshisei:20180109192105j:image

画像はYouTubeのPVより

https://youtu.be/xGbxsiBZGPI

 

 

 

だからリリースからしばらく経ってドコモCMにwherever you areが使われていたときは驚いた。

世界を目指すって高らかに叫んでいたバンドだったから、国内で人気になるっていうのは当たり前のことで、前提条件でしかなかったのだろう。

 

けれど、ワンオクがナオトインティライミを聴いていた人たちのiPhoneやウォークマンのスタメンになるころには、まったく聴かなくなっていた。

 

独占欲だとかそういったものもあった。けれどそれ以上にやっぱり、ファン層が変わったり、大人たちが介入したことで変わった空気感に馴染めなくなった。

ウェーイって笑う人たちとの疎外感から聴き始めたワンオクに疎外感を感じるとは思いもしなかった。誰も悪くない。悪いのはなんか勝手に所属欲求を満たしてた自分だ。多くの人がこのパターンからジレンマに苦しめられていると思う。

 

イモトは安室ちゃんのラストライブに対して、みんなに見てほしいけど、記念で参加する人は来ないでほしい、チケットが当たらなくなる、でもやっぱり権利は平等だし、みんなの安室ちゃんと葛藤していた。

 

f:id:nekoshisei:20180109192402j:image

画像はハム速より

http://hamusoku.com/archives/9741621.html

 

後から、とか記念に、とかそういう人との距離感に悩むのは、ファンの恒例行事だ。

 

 

好きなアーティストが人気になることに対して、昨今のSNSではさまざまな意見が飛び交って、昔からファンだったやつらが勝手なマウンティングによる偉ぶりを見せている。

 

気持ちは分からなくもない。僕たち、私たち分かってます。昔からのファンですから、と言いたくなる気持ちはよくわかる。なんなら声を大にして言いたい。

ラバーバンドやステッカーなどアーティストのグッズをつけるのが流行るくらい、アーティストのファンというのはその1員に所属するものなのだ。

そのファンに所属する自分が大切なのだ。これだけは譲れない。だから所属していた母体の空気感が変わると、身の振り方が分からなくなる。

 

 

サカナクションの山口は、このことに嫉妬心の問題だよねとラジオで分析していた。

 

f:id:nekoshisei:20180109194405j:image

画像はTOKYOFMより

http://www.tfm.co.jp/lock/sakana/smartphone/index.php?itemid=10006&catid=17

 

 

たしかに、自分だけが知っている秘め事のようなものがなくなっちゃうの嫌だよなと思うも、それだけでは説明しきれない部分もある。

 

久しぶりに再会した友達にもうあの頃とは違うんだなって感じるように、ハマってた楽しい頃の記憶が大衆化したバンドのライブや音源からは見つけ出せないのだ。

 

 

もしかしたら僕らは音楽が好きじゃないのかもしれない。

片思い、失恋、勝負事の前、はしゃぎたいとき、様々な心境を、音楽は彩ってくれる。

AppleMusic spotify Amazon Musicに盛り上がりたいときのプレイリストや、悲しいときのプレイリストなんていう、感情面を押し出したプレイリストがたくさんあることが証明してくれてる。

感情に合わせた曲を選ぶくらいに、構成や音の良し悪しで選曲をしなくなったんだと思う。

 

 

その流れで曲を聴くのに、空気感が変わったことで、聞き手がバンドに入れ込んでいた感情が阻害されてしまう。

入れ込む側が勝手に自滅したといえばそれまでなんだけど、感情で聴くのが音楽ならこれは避けられない。

 

 

言ってしまえば、音楽以外にもこの失われてしまった感はたくさんある。

 

クラスに残って、男2女2くらいで楽しく話していたら後から全員の知人が来て、謎の盛り上がりが消えてしまったり、

サシで遊ぶ気満々でいたら共通の友人が参加してきたとか、膨らませた感情に突然後から来たやつが針を刺していくのだ。

 

YouTubeの広告もそう。お金のかかってないチープなやつが面白くて、広告でも見られてなのに、企業がお金にものを言わせて参入したために、5秒スキップを連打する事態に陥っている。

 

 

和楽器バンドが歌ってるガリバーのCM、とてつもなくうるさいんじゃ。耳に残るからから余計に。歌唱力王とか言うカラオケ大会の番宣で、AIとHYに苦しめられている耳がさらに追い詰められている。キャッチーと苦しみは紙一重になった。

 

 

サイトの広告もそう。もうエログロの王様ゲーム的なやつこっちはお腹いっぱいなんじゃ。

大したオチも中身もないような漫画、宣伝しなくなって、ストレスなく読みたい学生が勝手に読むから。

 

 

いつだってそう。なんだってそう。

後から来たやつらが勝手に空気感を変えて、消費しきって、勝手に去っていくのだ。

郷に入りてはというかなんというか。十分に調査した上で入ってきて欲しいと思うのは、傲慢なのだろうか。

 

 

前だけ見てたいライブでも、動画を見たいYouTubeでも、後ろまで気にして楽しむのは難しい。そんな気を回さないくらいにコンテンツを楽しみたいのだ。

 

 

切り捨て御免で後ろからバッサリやられるのはたまったもんじゃない。

 

 

頼む。

後から入ってくるときは、郷に従ってくれ。傲慢だし、母体となってるバンドやプラットフォームからしたらそんなの関係ないのはわかってる。でもあの疎外感は多くの人が感じて多くの人が葛藤してるんだ。

 

これ以上所属欲求を満たせなくなるのは苦しい。ただそれだけ。

 

 

では、また。